So-net無料ブログ作成
検索選択

フラッシュROMにデータを置いて読む [AVR]

フラッシュROM
.db と書くとフラッシュromに保存されるそうな。
それをPD0ピンのスイッチを押すごとにlpmで呼んでいくサンプル

ちなみにこれもデジット
マイコン製作会
で懇切丁寧に教えてもらったものです。

.include "m168def.inc"
                                
.org 	0x0000		jmp	reset 	;initialize

reset:		ldi	r16, low(ramend)
			out	spl, r16
			ldi	r16, high(ramend)
			out	sph, r16

			ldi r16, 0x00
			out ddrd, r16	; d input
			ldi r16, 0xff
			out ddrb, r16	; b output
			out portb, r16

main:		ldi	zl,low(LEDDATA<<1)
			ldi	zh,high(LEDDATA<<1)
			ldi r16,low(LEDDATA)
			clr r19

main1:		inc r19
			lpm	r18,z+
			cpi r19, 6
			breq main
main2:		rcall delay1ms
			in	r16,pind
			cpi	r16,0b1111_1110
			brne main2
			out	portb,r18
main3:		rcall delay1ms
			in	r16,pind
			cpi	r16,0b1111_1111
			breq main1
			rjmp main3

LEDDATA:	.db 0x00,0x01
			.db 0x02,0x04
			.db 0x08,0x0F


delay1ms:	push r16
			in r16,sreg
			push r16
			push r17
;			100000-10=99990
			ldi r17,198
delay2:		ldi r16,100
delay1:		dec r16
			nop
			cpi r16,0
			brne delay1
			dec r17
			cpi r17,0
			brne delay2
;			999990-(100*5+4)*198=198
			ldi r16,46
delay3:		dec r16
			cpi r16,0
			brne delay3
;			198-46*4=14
			nop
			nop
			nop
			pop r17
			pop r16
			out sreg,r16
			pop r16
			ret



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。