So-net無料ブログ作成
検索選択

タッチパネル操作時のゆらぎ [iphone]

iPhone のスクリーンを、指でまっすぐ上から下になぞって、ぱっと離す。
頭ではぱっと離しているつもりでも、実は少しだけ思いもよらぬ方向に移動しています。
ぱっと離す瞬間の座標をグラフにしてみました。

ぱっと離したときの最後に取得できる座標
result.png

縦がY, 横がXです。iPhone 5s のタッチイベントの最後から2番目と、一番最後の座標(CGPoint)をプロットしました。iPhone の画面上の座標なのでYが大きい方が下向きです。

右に偏っているのはたぶん右手で操作したから。意外とまっすぐにはなっておらず、ほとんどがあさっての方向に向いています。

物体を指で動かして離すと、ある方向にアクションするというゲームを考えたとき、乱数で方向を揺らがせるのではなく、この座標から計算すればよさそうです。

データ取得に使ったものたちは Github においてあります。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: