So-net無料ブログ作成
2016年11月15日| 2017年02月19日 |- ブログトップ

Adafruit FT232H を使って python スクリプトで MCP27017 を使う

1. ここに書いた要領で anaconda に 32bit python2.7 を入れる
2. 販売元の解説通りドライバと Adafruit Python GPIO Library をインストール
3. ここにある接続で MCP23013 にLED、抵抗、電源等を接続
4. 販売元のi2cの解説を参考にしつつ、以下のように MCP23017 とつなぐ
- FT232H の D1 と D2 を接続し、 MCP23017 の SDA に接続
- さらに SDA に 4.7k ohm をつけて 5V につなぐ
- D0 を MCP23017 の SCL に接続
- 同じように D0 に 4.7k ohm をつけて 5V につなぐ
5. 次の python スクリプトで LED をつけてみる



Adafruit FT232H を anaconda で使う準備

Adafruit FT232H を見てやってみても import ftdi1 でエラーが出てしまった。
32bit 版の python 2.7 が必要だった(普通にインストールすると 64bit 版の python3.0 になっている)。

以下のコマンドで 32bit 版の 2.7 環境を作成


ついでに 64bit 版の 2.7 も作っておく



次回からは anaconda プロンプトを起動してから

で 32 bit の python 2.7 に切り替えられる

戻す時は



mac でシリアル接続

Windows では teraterm でシリアル接続をしていますが、
Mac ではどうするのか。調べると screen というターミナルの
アプリでやるみたい。

1. FTDI なんちゃらをUSBで接続
2. ls /dev/tty.usb* でデバイス列挙
私の場合は /dev/tty.usbserial-AL01O27E が見つかった
3. コマンドプロンプトで screen を起動
screen /dev/tty.usbserial-AL01O27E 115200

ここを参考にしました。
2016年11月15日| 2017年02月19日 |- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。