So-net無料ブログ作成

FFTの練習 [C++]

FFT についてわかりやすいサイトA DFT and FFT TUTORIAL


FFT のバタフライダイアグラムのコードをみても、いまいち何をやって
いるのかわからない。なので、自分で書いてみました。
自分のコードとほかの人のコードはだいたい同じになったので、ここまで
やってやっと人のが読めそうな気がしてきました。手を動かすのは大事。

前述のサイトのバタフライダイアグラム をみながらコードにしてみました。
演算の中身はないです。画面に "回転因子はこれ" で "xとyをバタフライ"
というメッセージを出すだけ。

N=8 でのバタフライ演算(中身なし)のコード


output
0
twiddle(0, 2)
butterfly(0, 1)
2
twiddle(0, 2)
butterfly(2, 3)
4
twiddle(0, 2)
butterfly(4, 5)
6
twiddle(0, 2)
butterfly(6, 7)
0
twiddle(0, 4)
butterfly(0, 2)
twiddle(1, 4)
butterfly(1, 3)
4
twiddle(0, 4)
butterfly(4, 6)
twiddle(1, 4)
butterfly(5, 7)
0
twiddle(0, 8)
butterfly(0, 4)
twiddle(1, 8)
butterfly(1, 5)
twiddle(2, 8)
butterfly(2, 6)
twiddle(3, 8)
butterfly(3, 7)


VisualStudio2015 で glew-1.13.0 をビルド [C++]

1. glew のサイトからソースコード( glew-1.13.0.zip )をダウンロード
2. build\vc12\glew.sln を VisualStudio Community 2015 で開く
3. VC12 のソリューションなので変換
4. "VC++ コンパイラとライブラリをアップグレードします"ダイアログでOK
5. ビルド->バッチビルドを開いてすべてチェック
6. ビルド

であっさり完了。

bin, include, lib を置きたい場所にコピーすればOK

wxWidget を VS2015 でビルド [C++]

wxWidget を使ってみようと思いダウンロードすると VS2015 用の
プレビルドがなかったのでビルドしてみました。

まだ使っていないので、あっているかどうかわからないけど、ビルドは
通ったのでとりあえずメモ。 nmake のオプションは build\msw\config.vc
に説明が書いてあるのを参考にしました。

1. ソースコードダウンロード
git clone https://github.com/wxWidgets/wxWidgets.git

2. ビルドの設定が反映されるヘッダー?を作成
include/wx/msw/setup0.h を include/wx/msw/setup.h にリネーム

3. x86 版をビルド
VS2015 x86 Native Tools コマンドプロンプトで以下を実行



4. x64 版をビルド
VS2015 x64 Native Tools コマンドプロンプトで以下を実行


boost::property_tree の使い方メモ [C++]

Sony Camera Remote API の getEvent で取れる json のパースに
boost::property_tree を使うときに、いまいちよくわかってなかったので
メモ。

この api で返ってくる json は {{result:[{...},"null","",[...]}}
みたいなので、null になったり 空文字になったり状態によって変化する曲者。
なのでちゃんと処理しないと例外が出る。例外はデバッグのときに紛らわしい
ので、なるべく出さないようにしたいので、事前に判定したい。

ノードがあるかわからないときは optional で取得すれば例外を出さずに
判定できる。

ただの文字列("null" or "") か何か値が入っている ("{x:y}" or "[...]") かどうか
は child.size() をみればOK(たぶん)

code


output
e.first.data()=
e.second.data()=
child.get_optional("")=
child.size()=2
----
e.first.data()=
e.second.data()=null
child.get_optional("")= null
child.size()=0
----
e.first.data()=
e.second.data()=
child.get_optional("")=
child.size()=0
----
e.first.data()=
e.second.data()=
child.get_optional("")=
child.size()=1
----


const array メンバの初期化 [C++]

メンバ関数のポインタを、配列でメンバ変数に持ちたい。
その配列は固定長なので const にしておきたい。
たまにしか使わないので、毎回つまづくからメモ。




boost::asio::streambuf にバイナリファイルを読み込む [C++]



boost1.59 を VS2013 でビルド [C++]

マルチスレッドDLL とかの設定がほかの lib と合わずエラーがでるので、boost を
ビルドしなおしました。

毎回面倒なので全種類作っておこうと思い、
- x86/x64
- static lib or dll
- static runtime link or dll runtime link

で 8 種類(debug/releaseあわせると16種類)いるのか!と思いましたが、
dll の boost に static の runtime は link できないみたい。
確かに別の dll や本体アプリで違う種類の runtime がリンクされてたら
インスタンスが2つ要るのでおかしなことになる。

リリース/デバッグビルドは "variant=debug,release"と書けば両方ビルドされるみたい。
あと "link=static,shared" もいけるとどこかにあったけど未確認。
使ったVSは2013 , boost1.59 です。

rem x86, static lib, static rt(MT/MTd) : xxx-vc120-mt-x_xx.lib, xxx-vc120-mt-gd-x_xx.lib
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=static threading=multi runtime-link=static --stagedir=stage\x86\vc12\static\mt --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=32
rem x86, static lib, dynamic rt(MD/MDd) : xxxx-vc120-mt-x_xx.lib, xxxx-vc120-mt-gd-x_xx.lib
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=static threading=multi runtime-link=shared --stagedir=stage\x86\vc12\static\md --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=32
rem x86, dynamic lib, static rt(MT/MTd) : この組み合わせはNG
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=shared threading=multi runtime-link=static --stagedir=stage\x86\vc12\dynamic\mt --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=32
rem x86, dynamic lib, dynamic rt(MD/MDd) : xxx-vc120-mt-x_xx.{dll,lib}, xxx-vc120-mt-gd-x_xx.{dll,lib}
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=shared threading=multi runtime-link=shared --stagedir=stage\x86\vc12\dynamic\md --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=32


rem x64, static lib, static rt(MT/MTd)
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=static threading=multi runtime-link=static --stagedir=stage\x64\vc12\static\mt --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=64
rem x64, static lib, dynamic rt(MD/MDd)
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=static threading=multi runtime-link=shared --stagedir=stage\x64\vc12\static\md --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=64
rem x64, dynamic lib, static rt(MT/MTd) : この組み合わせは NG
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=shared threading=multi runtime-link=static --stagedir=stage\x64\vc12\dynamic\mt --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=64
rem x64, dynamic lib, dynamic rt(MD/MDd)
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=shared threading=multi runtime-link=shared --stagedir=stage\x64\vc12\dynamic\md --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=64


hstファイルをcsvに変換 [C++]

別にFXをやっている訳ではないんですが、いやちょっとはやってみたいとも思いますけど、そもそも元手が(10万とか)ないんで無理なのが悲しいところ。でもちょっと世界をのぞいてみたいと思いまして、為替相場の動きを観察しようと思います。

そのためにはまず過去のデータが必要です。2005年から1分ごとのデータが、FXDD という証券会社のメタトレーダーのヒストリカルデータというところからダウンロードできました。

さて、このデータ。メタトレーダー4というFX取引用のアプリのフォーマットのようです。
フォーマットの中身はMT4を使ってFXに解説されていました。

探せばごろごろあるのでしょうが、向学のために csv に変換するプログラムを書いてみました。本当は C# でサクッと行きたかったのですが、諸事情により VisualStudio をインストールしていないので、 xcode で c++ で書きました。

ソースコードは GitHub からダウンロードできます。

#include 
#include 
#include 
#include 

using namespace std;

typedef struct _HistoryHeader
{
    uint32_t    version;
    char        copyright[64];
    char        symbol[12];
    int32_t     period;
    int32_t     digits;
    uint32_t    timesign;
    uint32_t    last_sync;
    uint32_t    reserved[13];
} HistoryHeader;

#pragma pack(push,1)
typedef struct _RateInfo
{
    uint32_t    ctm;
    double      open;
    double      low;
    double      high;
    double      close;
    double      vol;
} RateInfo;
#pragma pack(pop)


void printHistoryHeader(const HistoryHeader& header)
{
    cout << "version   : " << header.version << endl;
    cout << "copyright : " << header.copyright << endl;
    cout << "symbol    : " << header.symbol << endl;
    cout << "period    : " << header.period << endl;
    cout << "digits    : " << header.period << endl;
    time_t tmp = header.timesign;
    cout << "timesign  : " << put_time(localtime(&tmp), "%F %T") << endl;
    tmp = header.last_sync;
    cout << "last_sync : " << put_time(localtime(&tmp), "%F %T") << endl;
}

void printRate(const RateInfo& rate, ostream& ost)
{
    time_t tmp = rate.ctm;
    ost << put_time(std::localtime(&tmp), "%F %T");
    ost << "," << rate.open;
    ost << "," << rate.low;
    ost << "," << rate.high;
    ost << "," << rate.close;
    ost << "," << rate.vol << endl;
}

int main(int argc, const char * argv[])
{
    if(argc < 2) {
        cout << "need to give hst file and output file" << endl;
        cout << "ex) hstconverter [hst file] [output file]" << endl;
        return 1;
    }
    
    ifstream ifs;
    ifs.open(argv[1], ios::in | ios::binary);
    if(!ifs) {
        cout << "file open error" << endl;
        return 1;
    }
    
    HistoryHeader header;
    ifs.read((char*)&header, sizeof(header));
    if(ifs.bad()) {
        cout << "file read error" << endl;
        return 1;
    }
    
    printHistoryHeader(header);
    
    ofstream ofs;
    ofs.open(argv[2], ios::out | ios::trunc);
    if(!ofs.is_open()) {
        cout << "failed to create a file : " << argv[2] << endl;
        return 1;
    }
    
    RateInfo rate;
    while(!ifs.eof()) {
        ifs.read((char*)&rate, 44);
        if(ifs.bad()) {
            cout << "file read error" << endl;
            return 1;
        }
        printRate(rate, ofs);
    }
    
    cout << "done" << endl;
    
    return 0;
}


#pragma pack でバイトアラインを無効にして、構造体に一気にデータを読み込んでいます。
これってバイトオーダーが違う処理系だったら大丈夫なのでしょうか。

そしてフォーマットにある time_t はなんと 32bit time_t のことの様なので、
uint32_t に置き換えて構造体に取り込んで、使うときに time_t にキャストしています。

次のように実行して USDJPY.hst を csv に変換して output.csv に書き出します。
hstconverter USDJPY.hst output.csv


できたファイルの内容はこんな感じ。
2005-01-10 11:31:00,104.79,104.79,104.79,104.79,5
2005-01-10 11:32:00,104.79,104.78,104.79,104.78,6
2005-01-10 11:33:00,104.78,104.77,104.78,104.77,5
...
2014-08-09 07:59:00,102.063,102.06,102.067,102.064,34
2014-08-09 07:59:00,102.063,102.06,102.067,102.064,34


さてこれを使ってどうするか。

自由切断を実装してみた [C++]

メタルギア ライジング リベンジェンスの自由切断がかっこよすぎるので、
自分でもなんちゃって実装してみました。

テクスチャを張ったキューブを自由切断したところ
slice_cube.png

ちょっと複雑な形の物体を自由切断したところ
slice_popper.png

断面に張るポリゴンも生成します。ただし断面のテクスチャは考慮していません(座標0,0になっています)。
また、穴が開いた断面には対応していません(外枠か、中の穴かどちらかに張るだけ)。


Vertex を用意
const GLfloat data[][8] =
{
   	{ -0.5f, -0.5f,  0.5f,  0.0f,  0.0f,  1.0f, 0.0f, 0.0f},
   	{  0.5f, -0.5f,  0.5f,  0.0f,  0.0f,  1.0f, 1.0f, 0.0f},
   	{  0.5f,  0.5f,  0.5f,  0.0f,  0.0f,  1.0f, 1.0f, 1.0f},
	...
};


平面を作成

MODELVEC3D p = MODELVEC3DMake(0.0f, 1.0f, 0.0f); // any point on the plane
MODELVEC3D n = MODELVEC3DMake(1.0f, 0.0f, 0.0f); // normal vector
MODELPLANE plane = MODELPLANEMake(p,n); // make a plane


結果を受け取るバッファを用意
GLfloat bufN[MAX_CHOP_BUF][8] = {0.0f}; // vertices located in normal vector sides
GLfloat bufA[MAX_CHOP_BUF][8] = {0.0f}; // vertices located in anti-normal vector sides
int bufNCount = 0;
int bufACount = 0;


自由切断実行
Chop(plane, &(data[0][0]), sizeof(data)/8/sizeof(GLfloat), bufN, bufA, bufNCount, bufACount);


処理内容は、ひたすら面と一つ一つのポリゴン(とどのつまり直線)の計算をしているだけです。

コードはGitHub においてあります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。