So-net無料ブログ作成
検索選択

boost::asio::streambuf にバイナリファイルを読み込む [C++]



git の使い方メモ [Git]

mybranch と言う名のブランチ作成
git branch mybranch
git checkout mybranch


以下の一行でも同じ
git checkout -b mybranch


mybrancyh をリモートに push
git commit -a -m "implemented blah blah"
git push origin mybranch


mybranch を master にマージ
git checkout master
git merge --no-ff mybranch


変更取り消し
git reset --hard HEAD


ブランチを削除
git branch --delete mybranch
git push --delete origin mybranch


boost1.59 を VS2013 でビルド [C++]

マルチスレッドDLL とかの設定がほかの lib と合わずエラーがでるので、boost を
ビルドしなおしました。

毎回面倒なので全種類作っておこうと思い、
- x86/x64
- static lib or dll
- static runtime link or dll runtime link

で 8 種類(debug/releaseあわせると16種類)いるのか!と思いましたが、
dll の boost に static の runtime は link できないみたい。
確かに別の dll や本体アプリで違う種類の runtime がリンクされてたら
インスタンスが2つ要るのでおかしなことになる。

リリース/デバッグビルドは "variant=debug,release"と書けば両方ビルドされるみたい。
あと "link=static,shared" もいけるとどこかにあったけど未確認。
使ったVSは2013 , boost1.59 です。

rem x86, static lib, static rt(MT/MTd) : xxx-vc120-mt-x_xx.lib, xxx-vc120-mt-gd-x_xx.lib
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=static threading=multi runtime-link=static --stagedir=stage\x86\vc12\static\mt --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=32
rem x86, static lib, dynamic rt(MD/MDd) : xxxx-vc120-mt-x_xx.lib, xxxx-vc120-mt-gd-x_xx.lib
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=static threading=multi runtime-link=shared --stagedir=stage\x86\vc12\static\md --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=32
rem x86, dynamic lib, static rt(MT/MTd) : この組み合わせはNG
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=shared threading=multi runtime-link=static --stagedir=stage\x86\vc12\dynamic\mt --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=32
rem x86, dynamic lib, dynamic rt(MD/MDd) : xxx-vc120-mt-x_xx.{dll,lib}, xxx-vc120-mt-gd-x_xx.{dll,lib}
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=shared threading=multi runtime-link=shared --stagedir=stage\x86\vc12\dynamic\md --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=32


rem x64, static lib, static rt(MT/MTd)
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=static threading=multi runtime-link=static --stagedir=stage\x64\vc12\static\mt --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=64
rem x64, static lib, dynamic rt(MD/MDd)
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=static threading=multi runtime-link=shared --stagedir=stage\x64\vc12\static\md --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=64
rem x64, dynamic lib, static rt(MT/MTd) : この組み合わせは NG
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=shared threading=multi runtime-link=static --stagedir=stage\x64\vc12\dynamic\mt --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=64
rem x64, dynamic lib, dynamic rt(MD/MDd)
b2.exe --toolset=msvc-12.0 variant=debug,release link=shared threading=multi runtime-link=shared --stagedir=stage\x64\vc12\dynamic\md --without-python --without-mpi --build-type=complete address-model=64


「A SMARTERWAY TO FIND PITCH」でピッチ検出 [Math]

音声の波形からピッチを検出するアルゴリズム にピッチ検出の論文が
解説されていて、 scilab でやってみました。

Normalized Square Difference なるものを計算して、
次のアルゴリズムで音程を決定するとのこと。
1.極大値をリストアップ
2.その中から傾きが正で0を跨ぐ部分から、負で0を跨ぐ部分の間で最大のものに絞る。
ただし、傾き生で0を跨ぐが、途中で切れているものも候補に入れておく
3.最大値を nmax として、k * nmax のもので、最初にでてくるもの(周波数が小さいもの)
を選ぶ。k は 0.8~1.0 で要調節。

440Hzの正弦波のNormalized Square Difference を描いたものがこちら。
計算あってるのか?-1~1 になっているからたぶんあってる。

sinwave_nsdf.png

上記のアルゴリズムを適用すると、たしかに1/440=0.00227 が取れそうな感じだ。
もっといろんな音で確かめたい。

使った scilab コードはこちら。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

scilab で自己相関関数 [Math]

信号 x = {...} があったらその自己相関関数を求めるには、
ざっくりと以下のようになる。

パワースペクトルは元信号をフーリエ変換して求める。
P=|F(x)|^2

自己相関関数のフーリエ変換でもパワースペクトルが求まる
(ウィーナー=ヒンチンの定理と言うそうな)。
P=F(r)/N

なのでパワースペクトルをフーリエ逆変換すると自己相関関数が得られる。
自己相関をは直接求めると計算コストがかかるので、x を fft して P を
求め、それをフーリエ逆変換して求めるのが一般的。

みたいなことが、教科書とかに書いてある。あ、そうなんですか…と。
ピンとこないので scilab で見てみました。

sinwave_corr.png

fft+ifft で求めた自己相関関数と、ごりごり計算した自己相関関数が
ぴったりと重なりました。fft+ifft の方はパワースペクトルと同じく
真ん中で対象になっているので、データを半分にして表示しました。

使った scilab スクリプト
funcprot(0);
clear all;

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// parameters
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
sampleNum = 1024;   // sample number
sampleFreq = 44100; // sampling frequency
waveFreq = 440;     // wave frequency

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// main
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// create time-axis
ts = [0:sampleNum-1] * 1/sampleFreq;
// create sin wave
x=sin(2 * %pi * waveFreq * ts);
x(sampleNum/2+1:sampleNum)=zeros(1,sampleNum/2);
// create freq-axis
fs = [0:sampleNum-1] * sampleFreq/sampleNum;
// data number for fft
N = sampleNum;
// fft
f_fft = fft(x);
power = f_fft.*conj(f_fft);
// correlation by fft
r=ifft(power);
taus=[0:N-1] * 1/sampleFreq;
// correlation by hand
M=N/2;
r2=zeros(1,M);
taus2=[0:M-1] * 1/sampleFreq;
for m=1:M+1
    for n=1:M-m+1
        r2(m)=r2(m)+x(n)*x(n+m-1);
    end;
end;

subplot(211);
plot2d(ts,x);
title = sprintf("A %dHz wave is sampled with sampling rate=%dHz",waveFreq,sampleFreq);
xtitle(title,"time (sec)","arbitral");

subplot(212);
plot(taus(1:M),r(1:M),taus2,r2);
xtitle("autocorrelation computed by two different way", "tau(s)", "auto correlation");
legend(["fft" "straight"], 1, "ur");



ピッチ検出に必要なバッファサイズ [Math]

ピアノの最低音の周波数は27.5Hzとのこと。
( http://d.hatena.ne.jp/session_oyaji/20070520/1179666560 )
これの周期を図れるくらいバッファに貯めると
どんな感じになるのかを scilab で見てみました。

44.1KHz で 4096 個サンプリングすると、
275Hz, 55Hz, 110Hz,... はこんな感じになります。

低い周波数を対象にすると結構長い事サンプリングが必要だなーと。
サンプリング周波数を下げれば良いですが、同時に高い周波数も
対象にしたいですし。悩ましい。
かといってまだ何も実装していないので、4096 このサンプリングが
どれほどの負荷なのか知りませんけど。時間にして 0.1 秒くらいは
サンプリングしないとダメなんですね。

harmonics.png

使った scilab のコードは以下。
funcprot(0);
clear all;

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// parameters
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
sampleNum = 4096;   // sample number
sampleFreq = 44100; // sampling frequency
baseWaveFreq = 27.5;// base wave frequency

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// main
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// create time-axis
ts = [0:sampleNum-1] * 1/sampleFreq;
// create sin wave of frequency 
// 27.5, 55, 110, 220, 440, 880, 1760, 3520 Hz
powNum = 4;
pows=[0:powNum-1]';
fs=baseWaveFreq*(2^pows);
waves = sin(2 * %pi * fs * ts);

// plot
for i=1:powNum,
    subplot(int(powNum/2)*100+20+i)
    plot2d(ts,waves(i,:));
    legendtext = sprintf("%f Hz",fs(i));
    legends(legendtext,1,"ur");
end


scilab で fft [Math]

前回の正弦波を fft してみた。
fft の分解能は サンプリング周波数/サンプルの数 だそうで、
今回は 44100 Hz/1024=約43.1Hz
なので、 430 Hz のデータが最大なので、そこから + 43.1 した
430 〜 473 Hz の範囲が最大なんじゃないかと。であれば 440Hz
はこの範囲なのであってるなと。

sinwave_fft.png

scilab スクリプトはこんな感じ。
funcprot(0);
clear all;

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// parameters
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
sampleNum = 1024;   // sample number
sampleFreq = 44100; // sampling frequency
waveFreq = 440;     // wave frequency

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// main
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// create time-axis
ts = [0:sampleNum] * 1/sampleFreq;
// create sin wave
f=sin(2 * %pi * waveFreq * ts);
// data number of data for fft
N = sampleNum/2;
// create freq-axis
fs = [0:sampleNum] * sampleFreq/sampleNum;
// fft
f_fft = fft(f);
power = f_fft.*conj(f_fft);

subplot(211);
plot2d(ts,f);
title = sprintf("A %dHz wave is sampled with sampling rate=%dHz",waveFreq,sampleFreq);
xtitle(title,"time (sec)","arbitral");

subplot(212);
plot2d("nl",fs(1:N),power(1:N));
xtitle("powerspectrum", "frequency(Hz)", "arbitral");

[maxPower,maxIndex] = max(abs(power(1:N)));
maxFreq=fs(maxIndex);
printf("max frequency range=%f~%f\n",maxFreq, maxFreq + sampleFreq/sampleNum);



scilab で正弦波を描く [Math]

scilab で音声の解析とかしたい。
久しぶりなのでリハビリを兼ねて正弦波を描く練習。

440Hz(ラの音)を44.1KHzでサンプリングしたものを1024個取り出して表示。
周期は 1/440=0.0023 だからたぶん合ってる。
440HzSignWave.png

scilab のスクリプトはこんな感じ。
funcprot(0);
clear all;

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// parameters
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
sampleNum = 1024;   // sample number
sampleFreq = 44100; // sampling frequency
waveFreq = 440;     // wave frequency

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
// main
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
ts = [0:sampleNum-1] * 1/sampleFreq;
f=sin(2 * %pi * waveFreq * ts);
plot2d(ts,f);
title = sprintf("A %dHz wave is sampled with sampling rate=%dHz",waveFreq,sampleFreq);
xtitle(title,"time (sec)","arbitral");


hstファイルをcsvに変換 [C++]

別にFXをやっている訳ではないんですが、いやちょっとはやってみたいとも思いますけど、そもそも元手が(10万とか)ないんで無理なのが悲しいところ。でもちょっと世界をのぞいてみたいと思いまして、為替相場の動きを観察しようと思います。

そのためにはまず過去のデータが必要です。2005年から1分ごとのデータが、FXDD という証券会社のメタトレーダーのヒストリカルデータというところからダウンロードできました。

さて、このデータ。メタトレーダー4というFX取引用のアプリのフォーマットのようです。
フォーマットの中身はMT4を使ってFXに解説されていました。

探せばごろごろあるのでしょうが、向学のために csv に変換するプログラムを書いてみました。本当は C# でサクッと行きたかったのですが、諸事情により VisualStudio をインストールしていないので、 xcode で c++ で書きました。

ソースコードは GitHub からダウンロードできます。

#include 
#include 
#include 
#include 

using namespace std;

typedef struct _HistoryHeader
{
    uint32_t    version;
    char        copyright[64];
    char        symbol[12];
    int32_t     period;
    int32_t     digits;
    uint32_t    timesign;
    uint32_t    last_sync;
    uint32_t    reserved[13];
} HistoryHeader;

#pragma pack(push,1)
typedef struct _RateInfo
{
    uint32_t    ctm;
    double      open;
    double      low;
    double      high;
    double      close;
    double      vol;
} RateInfo;
#pragma pack(pop)


void printHistoryHeader(const HistoryHeader& header)
{
    cout << "version   : " << header.version << endl;
    cout << "copyright : " << header.copyright << endl;
    cout << "symbol    : " << header.symbol << endl;
    cout << "period    : " << header.period << endl;
    cout << "digits    : " << header.period << endl;
    time_t tmp = header.timesign;
    cout << "timesign  : " << put_time(localtime(&tmp), "%F %T") << endl;
    tmp = header.last_sync;
    cout << "last_sync : " << put_time(localtime(&tmp), "%F %T") << endl;
}

void printRate(const RateInfo& rate, ostream& ost)
{
    time_t tmp = rate.ctm;
    ost << put_time(std::localtime(&tmp), "%F %T");
    ost << "," << rate.open;
    ost << "," << rate.low;
    ost << "," << rate.high;
    ost << "," << rate.close;
    ost << "," << rate.vol << endl;
}

int main(int argc, const char * argv[])
{
    if(argc < 2) {
        cout << "need to give hst file and output file" << endl;
        cout << "ex) hstconverter [hst file] [output file]" << endl;
        return 1;
    }
    
    ifstream ifs;
    ifs.open(argv[1], ios::in | ios::binary);
    if(!ifs) {
        cout << "file open error" << endl;
        return 1;
    }
    
    HistoryHeader header;
    ifs.read((char*)&header, sizeof(header));
    if(ifs.bad()) {
        cout << "file read error" << endl;
        return 1;
    }
    
    printHistoryHeader(header);
    
    ofstream ofs;
    ofs.open(argv[2], ios::out | ios::trunc);
    if(!ofs.is_open()) {
        cout << "failed to create a file : " << argv[2] << endl;
        return 1;
    }
    
    RateInfo rate;
    while(!ifs.eof()) {
        ifs.read((char*)&rate, 44);
        if(ifs.bad()) {
            cout << "file read error" << endl;
            return 1;
        }
        printRate(rate, ofs);
    }
    
    cout << "done" << endl;
    
    return 0;
}


#pragma pack でバイトアラインを無効にして、構造体に一気にデータを読み込んでいます。
これってバイトオーダーが違う処理系だったら大丈夫なのでしょうか。

そしてフォーマットにある time_t はなんと 32bit time_t のことの様なので、
uint32_t に置き換えて構造体に取り込んで、使うときに time_t にキャストしています。

次のように実行して USDJPY.hst を csv に変換して output.csv に書き出します。
hstconverter USDJPY.hst output.csv


できたファイルの内容はこんな感じ。
2005-01-10 11:31:00,104.79,104.79,104.79,104.79,5
2005-01-10 11:32:00,104.79,104.78,104.79,104.78,6
2005-01-10 11:33:00,104.78,104.77,104.78,104.77,5
...
2014-08-09 07:59:00,102.063,102.06,102.067,102.064,34
2014-08-09 07:59:00,102.063,102.06,102.067,102.064,34


さてこれを使ってどうするか。

二項分布から拡散方程式 [Math]

二項分布では n ステップ後に位置 x にいる確率は p(x,n) で表しました。
この確率から差分方程式を作って拡散方程式が導かれます。せっかく p(x,n)
前回計算したので、拡散方程式も見てみないとモッタイナイのでここに
書いておきます。なお、内容は検索で出てきた立命館大学の講義資料
まんまです。

今回 x は変数変換後の変数として使うので、変換前は m と書いておきます。
なので、n ステップ後に位置 m にいる確率を p(m,n) と今回は表記します。

ステップ n+1 で m にいる確率 p(m,n+1)は以下のようになる。


(ステップ n で m-1 にいる確率)*(右に移動する確率)と
(ステップ n で m+1 にいる確率)*(左に移動する確率の和。

これを変形して(こんな変形思いつかないけど、賢い人は変形できるんでしょうねぇ)


変数変換で極限をとって連続にする。




連続版の確率密度分布を f(x,t) とすると、区間 Δx の確率は次のように表せる。


差分方程式を f(x,t) で表すと

微分の形に変形して

こんな変形絶対できないんですけど。まぁ、天才アインシュタインが
考えてノーベル賞を取った理論だそうなので、できなくて当然。

を保ったまま
そんなこと言われても、ああそうですかとしか。

最終的に得たのが次の式で、Dを拡散係数と呼ぶ。


元の講義ノートから変数の文字を変えたりして結局見にくくなった感が。。。
まぁこれを書いてわかった気になるのがひとつの目的なので。